So-net無料ブログ作成

征露丸 [モノ教材(その他)]

seirogan01.jpg


seirogan02.jpg



「ラッパのマーク」でおなじみの、大幸薬品の正露丸。これはもともと「征露丸」という漢字が使われ、文字通り日露戦争時に日本軍の兵士が戦地へ携行した薬です。
 Yahoo!のオークションで、2000円で落札したセイロ丸のブリキ缶。フタの文字は「征露丸」となっています。 『マッカーサーと正露丸』(芸文社)という本には、『軍医の観たる日露戦争』という本からの引用があり、それによると兵士が携行した正露丸は「丸い鉄製の容器に入っていて、蓋を回すと丸薬が孔からころりと一粒だけ出るようになっている。蓋の表に打ち出しで、征露丸と書き、その下に「毎食後必ず一粒宛服用すべし」と注意書きが顕れている。」ということです。まさにこのブリキ缶そのまま(しかし、以下に紹介する東京都家庭薬協同工業組合の「伝統薬ロングセラー物語」に掲載されている写真とは、「征」の字の「彳」のデザインが若干異なります)。まだ中身も若干残ってますが、今の黒っぽい正露丸とは大きさも色もまったく違います。日露戦争の授業で正露丸を使うという話は、 「日清・日露戦争で近代日本の選択を問う」(中学校の授業、『子どもとつくる近現代史』、日本書籍に収録)にあります。

 伝統薬ロングセラー物語(東京都家庭薬協同工業組合のホームページより)
[http://www.tokakyo.or.jp/dentoyaku/seirogan/index.html]


 危険な正露丸の服用(大分健生病院)


 正露丸の教材としての活用


  正露丸の名称にまつわる諸権利の問題


 正露丸の名称にまつわる諸権利の問題(Wikipedia)


  正露丸の名称にまつわる諸権利の問題(裁判所の判決)


マッカーサーと征露丸―ニッポン伝統薬ものがたり (町田忍コレクション)

マッカーサーと征露丸―ニッポン伝統薬ものがたり (町田忍コレクション)

  • 作者: 町田 忍
  • 出版社/メーカー: 芸文社
  • 発売日: 1997/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 2

凡山

どぅも、去年1年間西小会議室でお世話になったチェーザレファンです。(わかるかな??)
とうとう征露丸手に入れられたそうでおめでとうございます。実際手に取って見れる後輩どもがうらやましいです。
私あんまりコメントとかしない方なんですが、たまーに現れようと思うのでよろしくお願いします。
by 凡山 (2008-05-27 18:11) 

zep

はいはい、わかりますとも(笑)。私から向かって左側に座ってましたよね。でも征露丸の話、よく覚えてましたね~。あのときオークションで取り逃がしたのは木の箱だったんですけど、今回入手したのはブリキの缶。まぁ「征露丸」という文字がはいってれば何でもいいんですがね。チェーザレの5巻はなかなかでないね。青池保子の『アルカサル』は面白い。熊本に帰ってきたら、大学の話でもきかせてください。
by zep (2008-05-27 20:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。